Vinyl Music Blog

レコードとCD集めが趣味だったアラサーのブログ

CD

Introducing the popline according to FREENOTE - FREENOTE

すでに解散してしまったバンドFREENOTEのメジャー初のアルバム(だったはず) すごく懐かしい一枚で、当時は関西大学の学生だったか、在学中に結成されたバンドだったか ちょうど自分が大学生のころにバイト先の着メロ会社で初めてこのシングルの音源を聞いて…

the symphony - LOCAL SOUND STYLE

LOCAL SOUND STYLE最後の盤になるのかな?3曲入りのシングルにDVD付きのパッケージ 楽曲としては前作とかDOING IT FOR THE KIDS, Miles Awasyとかのほうが断然好きです ライブのDVDにStarting OverとCarry OnのPVがついているのがすごくいいですね どうでも…

CHEMICAL VOCATION - CHEMICAL VOCATION

ケミカルヴォケイションのデビューアルバム スウェーデン出身のエモ・スクリーモバンド 近年リリースされた曲とは違ってゴリゴリのサウンドがめっちゃお気に入りです リリース: 2006/06/09 Unspection I Won't Stay Conversus locus Dispatch Blackhole scen…

Thereof - nature living

ネイチャーリビング初のフルアルバム、レーベルは自身のTheory&Practice Recordsから うーん兎に角カッコいいです、エモいなんて言葉は現代では死語なのかもしれないですが墓場まで持っていきたい(今のところ)アルバムの中の一枚です 特にFine Sensibilities…

Atheistʼs Cornea - envy

envyのアルバム 相変わらず難しい単語のタイトルです Tetsuya Fukagawaが脱退する前に作られたアルバム、そういう意味では最後のアルバム 最近はおとなしい、包まれるような楽曲が多かったんですが、a dead sinking storyを彷彿とさせるようなエッヂの効いた…

The fine day never last - fact

factの1stアルバム ちょうどバンド活動を始めたころに聞いたアルバムで兎に角衝撃の嵐だった 捨て曲なんてあるわけないんですが、その中でもおすすめなのはTrack 1, 2 ,6 and 7でしょうか RebornのPVがかっこよくてかっこよくて泣けます、マイクの持ち方もか…

Translating the Name EP - SAOSIN

SAOSINのデビューEP、通称白盤 セイオシンのデビューディスクでありながら、今なお最も人気の曲Seven YearsとLost Symponiesを収録している名盤中の名盤 正直かっこよすぎて、おっさんになった今聞いても興奮しちゃいます 学生の時にコレ聞いたときはそりゃ…