Vinyl Music Blog

レコードとCD集めが趣味だったアラサーのブログ

Antwarps - aus

ausを知ったきっかけは大学院時代に研究室の先輩に教えてもらってからで、この盤が初めてのausというわけではないのですがめちゃくちゃ印象に残っている一枚がこれです

なんでausを教えてもらったかは覚えていませんが、二人ともMogwai, Envy ,toeとかWEGとかが大好きだった僕らが好きなエレクトロニカそれがausです。

レコード会社による盤紹介では

ベルギーのU-Coverの限定CDRシリーズからともに95枚限定でリリースされていた、現在廃盤のデビューアルバム『Kangaroo Note』(2004年作)と2ndアルバム『Crowding』(2005年作)収録曲から、aus自身がセレクトした曲を収録した初期作品の編集盤アルバム

とのことらしいのですが、これが初期の作品とは恐れ入ってしまう内容で、感動ものです。ハイレベルなアンビエントエレクトロニカの融合とでもいいましょうか、脳に流れ込んでくる 染み込んでくるようなリズムと音の世界に酔ってしまいそうになります。

それでいて、here of the paper boyのようなかっこいいリズムを持ち合わせていたりと聞けば聞くほどハマっていく曲ばかりです。

  1. Sora
  2. Lethargic
  3. Von Rechts Nach Links
  4. Fukuso
  5. Midnight Wedding
  6. Hero Of The Paper Boy
  7. E738
  8. What's Eating You?
  9. Ballet
  10. Idle Talk
  11. Ausspiel
  12. Through You (Geskia Remix)
  13. UR (The Boats Remix)
  14. Fukuso (Jimmy Behan Remix)

今のこの記事を書きながらも改めて聞いていますが、これが10年も前(オリジナルは10数年も前)の楽曲たちなのかと思うと驚愕です。

しかし現在、CDは廃盤になってしまっているようですね・・Serph好きな人とかにはちょうどいいんじゃないんでしょうか?

 

Antwarps

Antwarps

  • Aus
  • エレクトロニック
  • ¥1800

うたかた花火/星が瞬くこんな夜に - supercell

ニコニコ動画の人気作曲家ryo率いるsupercellの3rdシングル

付属のDVDはビデオクリップが収録されているらしいですが、実は見たことないです

あのガゼルことnagiさんがボーカルらしいんですが、なんだか、っぽくない感じがする楽曲ばかりです

でも何度か聞いていると、時々ひどく聞きたくなるこの声、やっぱりすごくいいです

個人的には二曲目の方が好きで、間奏のギターロック的なリフがたまりません

  1. うたかた花火
  2. 星が瞬くこんな夜に
  3. Worldwide Love
  4. うたかた花火 -Instrumental-
  5. 星が瞬くこんな夜に -Instrumental-
  6. Worldwide Love -Instrumental-

Apple Music

iTunes

星が瞬くこんな夜に

星が瞬くこんな夜に

うたかた花火

うたかた花火

 

Dim The Lights - MONOEYES

めちゃくちゃカッコいい一枚です

CDを買って、聞き始めてから、ずっとアルバム丸ごとリピートで聞きまくっています

  1. Leaving Without Us
  2. Free Throw 
  3. Roxette 
  4. Two Little Fishes 
  5. Reasons 
  6. Borders & Walls 
  7. Get Up  
  8. ボストーク  
  9. Parking Lot 
  10. Carry Your Torch 
  11. 3, 2, 1 Go

 一曲目から、ハート鷲掴みです

今となっては死語なのかもしれませんが、15年前の僕ならこう言ったでしょう

「エモい!!」

そう、すごくメロもよければリフもカッコいい、そしてバッキングのコード使いもかなりエモいんです

普通のロックやポップスになるのかもしれませんが、かすかな僅かな哀愁感が絶妙でなんかエモい

久しぶりに聞いた一瀬君のリズムも、こんなにタイトだったっけ?って感じで驚きが隠せず…単なる撮り方の技術的な進化なのか本人の進化なのか、はたまた奇跡の録音なのか、バスドラもこんなにずっしりなっちゃって なんかめちゃくちゃカッコいいじゃないすか アスパラガスのカッパとはどえらい違い

でも、昔の楽曲と比べるとやっぱり昔の方が全部にパンチがあったなって感じることもしばしばで・・・結局この一枚を買ったことにより細美ックスの昔の楽曲を引っ張り出して聞いちゃってる自分がいます

ま、なんやかんやで、久しぶりに買ったCDの中の一枚が毎日に刺激を与えてくれるなんて感激です、仕事中でも移動中でも聞いていたいなー

 

Free Throw

Free Throw

Dim the Lights

Dim the Lights

こんないい曲たちを生で聞きたいなと思い、ライブのチケットを探してみたんですがさすがにすでにSOLD OUT

しかも行きたかった新木場コーストの公演は定価2600円のチケットが2枚で15000円とかでオークションで売られてしまっている始末

人気のバンドなので、仕方ないとはいえモヤモヤしてしまいます

 

 

Dim The Lights

新品価格
¥2,242から
(2017/9/5 20:35時点)

SHINE - Fear, and Loathing in Las Vegas

Fear, and Loathing in Las Vegasの新譜 SHINEです

FALILVって呼ぶのは昔からなんでしょうか?

  1. SHINE
  2. Something to Gain After the Pain

買ってからもう何十回も聞きましたが、聞けば聞くほどハマってきました

今までは、アルバムもシングルもキャッチーなリフだったりメロだったりがパッと耳に入ってきて印象が耳に残る感じでした

今回は比較的そういう耳に止まりやすいものが少ないのか、第一印象はパッとしない感じだったのですが、なんか聞けば聞くほどかっこよく感じてきちゃって…ピコピコ音がなんかだんだん心地よくなっていくみたいです

10月に発売予定の次回作も楽しみです

 

iTunes:

Amazon(限定でステッカーがついてくるようです)

【Amazon.co.jp限定】SHINE(特典ステッカー付き)

新品価格
¥2,100から
(2017/9/3 11:45時点)

ALL LEAD TRACKS - MY FIRST STORY

久しぶりにCDを買いました

最近だとかなりの人気で武道館でライブするほどになったとか、MY FIRST STORYスゴイ

ライブは以前新木場で見たんですが、オッサンの心をも鷲掴みするほどかっこよかったです

そんなわけで最近リリースされたらしいCDを買ってみました

タワレコにふらっとよって、たまたま買って帰った感じです

どうやら1st mini albumらしいです

  1. LET IT DIE
  2. REVIVER
  3. この世界で一番の幸せ者にはする事など出来ないかもしれないけど...
  4. The Storyteller
  5. 「花」 -0714- feat.UK (from MOROHA)
  6. Smash Out!! 武道館LIVE Ver.

本音を書いちゃうと、最初聞いたときはカッコいい!ってなるんですが、どれも同じに聞こえるというか何度か聞くと飽きちゃう感じですね

ワンオクはその点、スルメヒットというか何度聞いても飽きない楽曲が多い気がします

 

MY FIRST STORYはバンドマンから目の敵にされているという記事を見てから気になってしまい、メンバー構成や結成について調べてしまいました

Fromusというバンドの楽器隊にボーカルとギターが加わる形で結成されたようです

バンド内のメンバーの年齢差もあって、ボーカルだけをマスコットにした商業的バンドとして捉えてる人が多いんでしょうか

www.audioleaf.com

このFromusというバンドの音源がまたかなりかっこよくて…もう活動していないみたいですが、こっちのバンド聞きたいですね

 

アマゾン限定版とか、ファンクラブ限定版とかあると知らずに普通のを買ってしまいました…こちらがアマゾン限定版らしいです

【Amazon.co.jp限定】「ALL LEAD TRACKS」 Amazon限定 オルタンシア・サーガ-蒼の騎士団- 盤(数量限定)

新品価格
¥1,980から
(2017/8/30 18:40時点)

 iTunes:

不可逆リプレイス

不可逆リプレイス

  • MY FIRST STORY
  • ロック
  • ¥250